スポンサーサイト

  • 2014.03.17 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    パートナーを心から信頼できない夫婦は心血管系疾患のリスクが高まる:米大学

    • 2014.03.17 Monday
    • 11:51
     
    123RF
    123RF

    「何かあっても、この人に相談すれば心の支えになることを言ってくれる」。こんなふうに互いを信頼し合えればいいが、「相談したって何を言われるかわからない…」と思っている夫婦は、その影響が体に出てしまうようだ。

    米国ユタ大学心理学部の教授、バート・ウチノ博士の研究チームが、136組の熟年夫婦(結婚生活30年以上、平均年齢63歳)を対象に、まず、心血管系疾患リスクの重要な予測因子となる冠動脈石灰化の有無について調べるため、CTスキャン検査を受けてもらい、その後、自分がアドバイスや理解、好意的な態度を必要とする状況にあったとき、パートナーが実際に取った態度や言動をどう見なしたか(どの程度助けになったか、あるいは、どの程度イライラしたか)を評価する複数の質問に答えてもらった。

     パートナーに対する評価テストの結果を分析したところ、被験者の30%は配偶者を「精神的支えになっている」と見なしているが、70%は配偶者の態度や言動は「あいまい」、すなわち、精神的支えになることもあれば、イライラさせられることもある、その時々で「相反する態度」を取ると見なしていることがわかった。そして、互いに相手の態度をあいまいだと見なしている夫婦は、冠動脈石灰化のレベルが最も高いことが判明した。夫婦のどちらか一方が相手を「あいまい」と見なしている場合、そのような関連性は認められなかったそうだ。

    今回の研究では対象者が限られており(異性愛者で中流〜中流の上に属する白人が中心)、この結果だけでは、パートナーに対する認識と血管系疾患リスクの関連性が生じる確定的理由を導き出すことはできないが、パートナーの態度をあいまいと見なしている夫婦は互いに批判し合うことが多く、たまに相手から心の支えになることを言ってもらっても、そのプラスの効果が次の機会には批判的言動によって打ち消されてしまう。そして長い結婚生活の間でストレスがどんどん蓄積し、病気のリスクに影響を与えているのではないかと、ウチノ博士は分析している。身に覚えのある若いカップルなら、まだ改善の余地があるかもしれない…。

    ユタ大学の研究結果は学術誌『Psychological Science』に発表された。

    http://irorio.jp/kondotatsuya/20140209/110751/

    「グーグルがパートナーよりも貴方についてもっと知るようになる」:インターネット検索大手が自社の全製品でユーザー追跡を許すプライバシー・ポリシーを公開して大騒動に

    • 2012.01.29 Sunday
    • 11:12

    120126_isgoogleevil.jpg


    どうなんでしょうか?

    Googleのプライバシーポリシーが変更され、ユーザーの利用データは全サービス横断でトラッキングされ、サービスに反映されるようになります。検索やGmailはもちろん、YouTubeなど他のサービスでもユーザーの行動データが共有され、サービスのパーソナライズなどに使われるようになります。

    サービスがユーザーごとにパーソナライズされる...というと、使いやすくなるならいいのでは? という感じもします。が、Googleが「邪悪」な方向に向かっているのではないかと懸念する声もあります。どういうことなんでしょうか?


    続きはこちら
    ↓↓↓

    『Googleは「邪悪」になっていく? ユーザーの全データをサービス横断で利用』
       http://www.gizmodo.jp/2012/01/google_53.html
       [ギズモード・ジャパン]



    女性同士の性的活動がかつてないほど増えていると新しい調査が主張する

    • 2012.01.11 Wednesday
    • 15:04
     弥勒菩薩ラエルのコメント:
    これはとても良い知らせです!
    未成年の妊娠を防ぐため禁欲を奨励しようとしている保守主義者や中世のような教会は、とても喜んでいるにちがいありません!

    RAEL'S COMMENT: This is very good news!  The conservative, Middle-Ages-
    like churches trying to promote abstinence for preventing underage
    pregnancies must be very happy!

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ■. 女性同士の性的活動がかつてないほど増えていると新しい調査が主張する
      Sexual activity between teenage girls is higher then ever before,
    claims new research
          (ラエルサイエンス英語版12月27日配信分)

    Source: http://www.dailymail.co.uk/news/article-2078369/Sexual-activity-teenage-girls-higher-claims-new-research.html

    新しい調査によると、アメリカの十代の女性はこれまでにないほど他の女性と性的関係を持っているようです。若い女性同士の性的活動はここ10年増えており、一方妊娠は減っていると報告されました。

    2002年のアメリカ NSFG( National Survey of Family Growth) のデータと、2006年から2008年のデータを比較しました。最近の統計では、17才の女性の11%は他の女性との性的関係を持っています。2002年ではその割合は5%でした。

    同じ17才の女性では、異性との性的関係は明らかに以前より少なくなっています。2006年から2008年では、その割合は女性の46%でしたが、2002年では63%でした。

    この異性との性的関係の低下は、妊娠する女性が18%から12%に低下していることの説明になります。

    またより多くの女性は、青春期において異性愛の関係を後の方に遅らせている、ということが調査で明らかになりました。

    「より多くの女性は異性との性行為の際、避妊法を使用しています。またおそらくより多くの女性は、同性と性行為をしています。」とNSFGの主任論文制作者は語っています。「これらの変化が長期的な傾向なのかどうか、次のデータを見るのは興味深いです。」

    ボイジー州立大学の調査により、異性愛の女性の60%は他の女性に性的に魅了されており、50%は同性愛の行為をしたことがあると告白したことが分かっています

    日本:少なくとも1947年以来で最大の人口減少数を記録する

    • 2012.01.09 Monday
    • 14:48
     弥勒菩薩ラエルのコメント:
    これは素晴らしい傾向です!しかし、この記事の馬鹿げた結論は、高齢を迎えてゆく人々に支払いを続けていくため、人々にもっと子供をもうけるよう求めるという、市場資本主義と愛国主義の典型的な考え方に倣ってしまっています。

    科学のおかげで、高齢を迎える人々はもっともっと長生きするようになるでしょう。この馬鹿げた論理に従えば、狂気的で容認できない人口過剰へ、もっと速く突き進む必要が生じることになります。

    市場資本主義の終焉、楽園主義への置き換えは、私たちがついには世界人口の統制された縮小に向けて動き出すことが可能になることを意味し、そこでは、諸政府が人々に子供をもうけることを控えるよう後押しすることになります。

    人類を救い、将来の世代のために環境を保護するには、それしか解決法はありません。
    クレイジーな愛国主義や人種差別主義、排他主義もまた、現在の馬鹿げた政策を後押ししています。というのも、飢えた第三世界の移民たちに広く門戸を開くことによって、若い世代の仮の「赤字」を取り戻すのは容易なことだろうからです。

    しかし国家主義者たちは、日本には日本人だけが、米国には米国人だけが、そして欧州には欧州人だけが居住することを望んでいます。貧しい国々では現在、何百万人もの人々が飢えている状況であるにも関わらず、これらの犯罪的な政治家たちは国境を閉鎖したがり、自国民に向けてもっと「国家の」赤ん坊をもうけるように訴えかけています。これはクレイジーで利己的な政策です。


    RAEL'S COMMENT:

    This is a wonderful trend! But the article's stupid conclusions follow
    the paradigm of market capitalism and nationalism, which requires
    people to have more children to continue paying for those who are
    aging. And thanks to science, those who are aging will live longer and
    longer. Following this stupid logic means that we need to run faster
    toward crazy, unsustainable overpopulation. The end of market
    capitalism, replaced by paradism, means that we finally can move
    toward a controlled reduction of the world's human population, with
    governments pushing people to have fewer children. That is the only
    solution that can save humanity and protect  the environment for
    future generations.
     Crazy nationalism, racism and chau inism are also behind the current
    stupid policy, since it would be easy to replace the provisional
    "deficit" of the younger generations by widely opening borders to
    hungry, Third World immigrants. But nationalists want Japan to be
    populated only by Japanese, America by Americans, and Europe by
    Europeans. Even though millions are currently starving in poorer
    countries, these criminal politicians want to close the borders and
    urge their own populations to have more “national”babies. This is a
    crazy, selfish policy.


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




    ■日本:少なくとも1947年以来で最大の人口減少数を記録する
    (Japan's population contracts at fastest rate since at least 1947:1月5日英
    語版配信分)

    Source:
    http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/8989372/Japans-population-contracts-at-fastest-rate-since-at-least-1947.html


    日本の人口が少なくとも1947年以来で最大の減少数を記録したが、これには3月11日に発生した地震と津波で亡くなった人々の数も含まれており、追い討ちをかける結果となっている。


    By Julian Ryall in Tokyo

    2012年1月3日


    厚生労働省によると、2011年では20万4千人が減り、合計で1億2624万人となったが、統計を取り始めた1947年以来で最も急激な減少となっている。

    このうち2万人近くは、10ヶ月前に日本の北東部を襲ったマグニチュード9の地震と津波の被害者たちが含まれている。もっとも直近の統計数字によると、15,844人が災害で亡くなった人々となっており、3,451人についてはまだ不明者扱いになっている。

    年間を通した死亡者数の合計は126万1千人となっており、2010年よりも6万4千人増えている。その一方で、新生児の数は105万7千人となっており、前年よりも1万4千人少なくなっている。

    厚生労働省が発表したデータによると、最大の単一死因としてはガンが挙げられており、その数は35万8千人に上っている。続いて心臓病が19万8千人、発作が12万6千人と並んでいる。

    総務省が発表した別の報告書によると、新年に20歳を迎える成人は120万人に上り、ピークを迎えた1970年の人数に対して半分以下に留まっている

    日本で成人として見なされる20歳の人数は、昨年から2万人減少しており、5年連続で過去最少を更新した。

    医療の進歩と生活水準の向上のおかげで、日本は世界の中で最も急速に高齢化社会を迎えようとしている。出生率の減少は、国家にとって大きな懸念を生み出してる。子供の出生数が減少するということは、遠からず労働力が減ることを意味しており、高齢を迎えた人々が、財政貢献に応じて支払われるヘルスケアや年金という形態でのさらなる支援を求めると同時に、税収額の減少が避けられない事態に陥ることへとつながってゆく。

    親たちはサンタクロースという作り話を続けるべきなのでしょうか?

    • 2012.01.08 Sunday
    • 10:48
     弥勒菩薩・ラエルのコメント:
    そうです、私たちは、多国籍企業の利益を増やす目的のためだけに、考案され促進される伝統のためにお金を使うことをやめなければいけません。存在しないサンタに関する嘘を子供につくのはやめてください。

    そして、嘘に基づく伝統を守るためにお金を無駄に使うのをやめてください。クリスマスプレゼントは一切与えないでください!愛する人に贈り物を贈る機会はたくさんあります。

    政府や宗教、産業界によって促進され、狂ったように大量消費が行われ、精神的内容が全くない、この集団的祝日に間に贈ることはありません。代わりに、子供たちに平和と愛について教え、プレゼントを贈りたいなら別の日に贈ってください。

    私は、クリスマスの一ヶ月前にプレゼントを贈ることをお勧めします。ラエリアンの子供たちは他の子よりも先にプレゼントをもらうことになり、他の子たちは皆うらやましがるでしょう。ラエリアンの子供たちに、友達にサンタクロースが存在しないことを伝えさせ、その親達がこの愚かな伝統をやめるよう圧力をかけてください。イエスのことを想い、またはラエルの受胎日を記念して精神的なお祝いをするのは良いことです。商業的騒ぎは良いことではありません。

    RAEL'S COMMENT: Yes, we must stop spending money for a tradition that
    is pure invention and promoted by multinational companies to make more
    profits. Stop lying to your children about a Santa Claus that doesn't
    exist, and stop wasting money to respect a tradition that is based on
    a lie. Don't give any Christmas gifts! You have plenty of occasions on
    which to give gifts to people you love without doing it during this
    collective mass celebration of crazy  consumerism that is promoted by
    governments, religion and industries, but has absolutely no spiritual
    content. Instead, teach your children about peace and love and give
    gifts to them, if you wish to do so, on another date. I recommend
    doing this one month before Christmas, so that Raelian children can
    have their gifts before all others. That will make all other children
    jealous and get them to inform their friends that there is no Santa
    Claus and also get them to put pressure on their parents to
    discontinue this stupid tradition. Spiritually celebrating the memory
    of Jesus or my conception day is good. A commercial orgy is not.


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ■. 親たちはサンタクロースという作り話を続けるべきなのでしょうか
     Santa Claus: Should Parents Perpetuate the Santa Claus Myth?
        (ラエルサイエンス英語版12月20日配信分)
     
    Source: http://atheism.about.com/od/christmasholidayseason/p/SantaMyth.htm


    サンタクロースは娘たちの身売りを救ったセント・ニコラウスというキリスト教の人物を基としていますが、今日サンタクロースは全く世俗的で宗教には関係ありません。

    キリスト教徒はサンタクロースはキリスト教的というよりむしろ世俗的であるとして反対しています。非キリスト教の人々はサンタクロースのルーツはキリスト教的ということで反対しています。

    彼は無視できない力強い文化的シンボルですが、だからといって疑問もなく受け入れるべきということにはなりません。

    サンタクロースという伝統を不要にするもっともな理由がここにあります。



    親はサンタクロースのウソをつかなければいけない:

    サンタクロースという信仰に対する最も重要な抗議は、最もシンプルなものです。信仰し続けるには、親は子供にウソをつかなければいけません。不正直でなければ、サンタ信仰をしていくことはできません。これは子供のためを思った罪のないウソではありません。良い理由なしに、親は子供にウソをつくべきではありません。ですので、この考えはサンタ支持者を守勢に追い込みます。


    サンタに関するウソは大きくなっていく:

    子供たちにサンタクロースを信じさせるためには、2、3のウソでは十分ではありません。時と共に、さらに苦心してウソをつく必要があります。もっと良いことのためでない限り、親が子供を騙し続けることは非倫理的です。


    サンタクロースのウソは子供の健全な懐疑主義を妨げる:

    ほとんどの子供は、サンタについて疑い深くなり、質問をします。例えば、どうしてこの短期間の間に世界中を回れるのか、などの質問です。この良い意味での疑う能力を伸ばす代わりに、ほとんどの親はサンタの不思議な力についてのウソをつくことで、子供の懐疑精神を妨げています。


    サンタクロースは物質主義を奨励させる:

    サンタクロースの作り話は子供がプレゼントを得るというコンセプトが基本にあります。子供がプレゼントをもらうことに異論がありません。クリスマスプレゼントのリストを作るため、子供たちは欲すべきものを教えてくれる広告にとても注目します。そういった広告は抑制のきかない消費主義を効果的に促進しています。


    サンタクロースはイエス・キリストや神に似すぎている:

    サンタクロースとイエス・キリストと神の類似点は多いです。サンタクロースはほとんど全能で人間離れした人物です。あらかじめ定義された行いを遵守したかどうかで、褒美と罰を世界中の人々に与える彼の存在は、信じがたくありえないものです。褒美を得るためには、信仰が求められます。非信者は、子供たちがこのようにしてキリスト教的価値観や有神論を受け入れることを望むべきではありません。


    サンタクロースの伝統は比較的最近のものである:

    サンタクロースはとても古い伝統なのだから、それが続ける十分な理由になると考える人々がいます。彼らは子供のころサンタクロースを信じるよう教えられたのです。そのためなぜ止めるのかとなります。クリスマス祝日のサンタクロースの役割は、実際はとても最近のもので、19世紀半ばから後半から始まりました。サンタクロースの重要性は文化的エリート、権力をもった最高階級の創作物で、ビジネス利益とキリスト教的文化の勢いによって継続されてきました。よって継続の価値は全くありません。


    サンタクロースの未来:

    サンタクロースはクリスマスと冬の休暇全体の象徴です。そういう理由のために、サンタクロースを見捨てることはクリスマス休暇全てを止めることを意味するというのは納得がいきます。しかし、それはそんなに悪いことではありません。キリスト教徒が、消費主義で商業化されたアメリカのクリスマスを止めて、代わりにイエス・キリストの生誕に注目するのは、とても良いことです。サンタクロースを無視することは、この選択を浮き立たせます。

    他の宗教の信奉者が、サンタクロースが自分たちの伝統の一部になることを拒否するのは、とても良いことです。サンタクロースは、西洋文化が自分たちの文化に侵入してくる典型例です。

    最後に、人類愛者、無神論者、懐疑主義者、自由論者などのいろんな種類の非信奉者が、クリスマスという宗教的儀式の祝祭に巻き込まれるのを拒否することはたいへん良いことです。

    クリスマス、サンタクロースには強い世俗的要素があります。それらは元々、商業的なものなのです。クリスマス休暇にあらゆる商品を買う人、クレジットカードでほとんどのお金を浪費する人はだれですか?

    サンタクロースの未来は人々が何をするにしてもよく考え、反対するかどうかにかかっています。もしよく考えないなら、物事は同じコースをたどるでしょう。そして人々がアメリカ的クリスマスに支配されたくないと思うなら、その抵抗はサンタクロースという文化的アイドルの地位を低落させるでしょう。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    ブログランキング

    にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



    相互リンク

    検索エンジン登録/ RMTRMT/ プレマリン エストロモンプレマリン・エストロモンの輸入代行/ RMT情報総合サイトRMT情報サイト ゲームトレードオンライン/ 良番のことなら【BANGO.TV】!【良番の電話番号売買専門サイト】携帯電話良番・フリーダイアルの良番ならBANGO.TV/ 広告総合制作-(株)クレヨン広告総合制作-(株)クレヨン/ ダスキンダスキン/ ナンバーズナンバーズ/ ミニロトミニロト/ 無料オンラインRPG無料オンラインRPG/ 郵便番号検索郵便番号検索/ RMTRMT/ 会社設立・独立起業会社設立・独立起業/ オープンカー専門店バランスオープンカー、カブリオレ/ 格安レンタルサーバーJTS-NETレンタルサーバー/ 無料占いパラダイス無料占い/ ペットシッター 犬のしつけ 東京 大阪ペットシッター 犬のしつけ教室 東京 大阪/ FF11 RMTFF11 RMT/ Newton ニュートンニュートン・tlt・tltソフト/ ペット火葬 葬儀ペット火葬とペット葬儀の専門/ SEO/ ゴルフ会員権ゴルフ会員権/ キムチ鍋キムチ鍋/ 無料ホームページ無料ホームページ/ 沖縄ダイビング沖縄ダイビング/ カレンダー作成カレンダー作成/ 屋形船/ キャッシング/ 姫路 リフレクソロジー姫路のリフレクソロジーならロビンフット/ 中古車販売中古車販売 買取 高級車販売 中古車 外車/ 債務整理債務整理/ 個人輸入代行の英国育毛堂育毛/ ホームページ制作ホームページ制作/ クレジットカード比較クレジットカード比較/ サジー専門店のサジー本舗サジー本舗はサジー天然果汁100%ジュースの通販専門店/ 自由が丘の整体<td><img src=">/ 【工具タウン】電動工具・穴あけ・切断工具の激安卸通販工具 ダイモドリル/ 個人情報保護シール販売個人情報保護シール プライバシー保護シール 目隠しシール ダンボール/ バイアグラバイアグラ/ 山口県 美容院山口県 美容院 美容室 ティファニー/ ネットでお小遣い稼ぎ!アフィリエイトドットコムお小遣い稼ぎのポータルサイト「アフィリエイトドットコム」/ FX比較FX比較/ 日焼けサロン業務専門商社日焼けサロン業務専門商社/ 温泉コンパニオン温泉コンパニオン/ エアコンクリーニング/ハウスクリーニング専門店エアコンクリーニング・ハウスクリーニング/ ハウスクリーニングのおそうじ壱徹ハウスクリーニング専門店/ 福岡のエステ『ラファアイランド』エステ/ コラーゲンコラーゲン/ 合同会社設立合同会社設立/ クーポンさんクーポンさんで価格比較/ 会社案内作成会社案内作成/ 宇部市 美容室美容室 宇部市 美容院 ティファニー/ Rakutenn【楽天】ネットショッピングRakutennはいろいろなものが揃う./ アガリクスアガリクス/ アフィリエイト・お小遣い稼ぎ・SEO対策なら【副業の成功道】アフィリエイト・お小遣い稼ぎ・SEO対策なら【副業の成功道】/

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM