スポンサーサイト

  • 2014.03.17 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    加工肉は「すい臓がんに関連」

    • 2012.01.16 Monday
    • 08:45
       ソーセージなど加工肉食品を食べることがすい臓がんのリスクを上昇させるようだと、新しい研究は示しています。

     この研究によると、追加で50グラムの加工肉食品を食べるごとに、すい臓がんのリスクが19パーセント増加します。

     すい臓がんは生存率が低いので、早期発見とともに、このリスクを増やす要因を知ることが重要です。喫煙と肥満はすい臓がんのリスク要因です。

     すい臓がんを比較的まれながんで、生涯にこのがんを発症するリスクはそう大きくありませんが、食事から加工肉食品を減らすことはこのリスクを低減するだけではなく健康全般において有益でしょう。

     加工肉食品は、大腸がんや膀胱がんのリスクとの関係も示されています。

     スウェーデンのカロリンスカ研究所の疫学教授のスザンナ・ラーソン(Susanna Larsson)氏らが、British Journal of Cancer誌電子版に12日付で発表しました。

     「肉を食べることが大腸がんのリスクを増やすことは知られています。それは他のがんに関してはあまりわかっていない」とラーソン氏は言います。

     この研究は、 1966年から2006年11月までに発表された肉と加工肉食品の摂取とすい臓がんのデータを含む研究を検索し、 6,643 人のすい臓がん患者を含む11の前向き研究を選びデータを統合してメタ分析を行いました。

     そして、ソーセージやベーコン、ハムなどの加工肉を食べることがすい臓がんのリスクを上昇させることを発見しました。

     男女で、加工肉の摂取量が50グラム増えるごとに、すい臓がんのリスクが19パーセント増加しました。つまり100グラムなら38パーセント増加します。

     またこの研究の結果は、加工肉とともに牛や豚などの赤肉の摂取を減らすことも勧めています。

     男性は、赤肉の摂取が120グラム増えるごとに、すい臓がんのリスクが29パーセント増加しました。女性ではこのリスクの増加がみられませんでした。

     加工肉食品がすい臓がんなど、がんのリスクを増やす理由として、一般に保存料として亜硝酸塩が使用され、さらにのN-ニトロソ化合物を含んでいることが影響しているだろうと、この研究者は推測しています。N-ニトロソ化合物は胃の中で亜硝酸塩から形成されます。

     N-ニトロソ化合物は血流によってすい臓に運ばれて、すい臓がんを引き起こすことが示されている有力な発がん物質です。

     亜硝酸塩を含まないソーセージやベーコンを選ぶことで、このリスクは避けられるかもしれません。

     しかし人間は、加工肉に加えて、喫煙を通しても N-ニトロソ化合物にさらされています。

     今後、すい臓がんのリスクに影響する可能性のある要素でよく調整された大規模前向き研究で、赤肉と加工肉食品とすい臓がんの関係を調べることが必要だと、この研究者は述べています。

    1/14/2012



    フランスのGM穀物栽培禁止措置は違法とEU最高裁が判決

    • 2011.12.09 Friday
    • 07:48
      2011年11月28日、フランス最高裁判所は、2008年にフランス政府が行った遺伝子組み換え作物の栽培禁止宣言が違法であるとの裁定を下しました。これは、9月に欧州司法裁判所が下した判断を追従するものです。両裁判所は、遺伝子組み換え作物の健康および環境へのリスクを示すいかなる科学的根拠もフランス政府が示すことができなかったとしています。我々は、この判決が、非科学的・政治的・気まぐれを許さないという欧州のGMに対する姿勢を示すものと歓迎しています。

     フランス政府は2008年に、遺伝子組み換えトウモロコシMON810の栽培について、健康及び環境へのリスクを理由にその栽培を禁止しました。しかし、禁止を正当化するリスクは想定されず、フランス政府が禁止をする権限を持っていないことから、欧州裁判所では禁止が違法であるとの判断を示していました。

     EUのJoint Research Centerの試算によると、2008年以来4年間におよぶ遺伝子組み換えトウモロコシの栽培禁止により、農家が被った損害は収入ベースで4000万ユーロにおよび、37万トンの生産量の低下につながりました。

     詳細については、ヨーロッパバイオのニュースリリース11月28日付でフランス最高裁判所の判断について、また、9月8日付で欧州司法裁判所の判断について解説が行われています。




    ■科学的根拠のない政治的判断に「NO」フランス政府の遺伝子組み換え作物の栽培禁止宣言は違法、フランス最高裁判決

    試験管で肉を培養してペトリ皿をディナー皿に代用する日が間近に迫る

    • 2011.12.09 Friday
    • 00:05
     

    世界初の「人工合成による食肉」は、ハンバーガーのパティ大を作成するだけで約25万ユーロ(約2,600万円)かかると推定されている。さらに、味も問題だ。

    Image: Aurich Lawson/Ars Technica


    11月11日付けのロイター記事で、オランダの研究者が、世界初の人工合成による食肉を幹細胞から作成しようとしていることが報じられた。

    記事では、家畜を育てる従来の食肉生産のやり方は持続不可能であることをいくつかの厳しい数字を挙げて示し、経済性の点から、組織培養皿で作る食肉が、い ずれ従来の食肉生産に取って代わる可能性を示唆している。しかし、それはまだ遠い先の話になりそうだ。世界初となるハンバーガーのパティ大の人工肉を作成 するためには、推定で約25万ユーロ(約2,600万円)のコストがかかるという。

    コストも問題だが、味のほうも問題だ。現段階で作成されている人工肉は、幹細胞から成長させた、貧弱な筋組織のようなものだ。実際の肉はそれよりはるかに 複雑で、筋線維が合わさってひとつのまとまった組織を形成しており、この組織は使うことで増大する。血液や脂肪などの関連組織も、肉の味や見た目、質感に 寄与する。

    こうしたハードルを克服することは可能かもしれない。血液や脂肪を作る幹細胞はすでに特定されている。それらを培養して分化させ、成熟した組織に育てる作 業は、おそらく筋線維を培養皿で成長させる以上に難しいということはないだろう。しかしこの作業自体が、コストに関係してくる。

    われわれの体は、多くのエネルギーを費やして、多様な種類の細胞が生育できる環境を整えている。各組織は、エネルギー源、塩分、ミネラル、ホルモン、シグナリング分子[細胞間の情報伝達機能を持つ化学物質]がほどよく組み合わさった環境に置かれ、隣接する細胞、および隣接する細胞が作りだす種々のタンパク質の層との間でも連絡を取り合っている。こうした支援がなければ、ほとんどの細胞はすぐに病気になってしまう。

    こうした環境を再現することは非常に難しい。最初に幹細胞を培養した際には、フィーダー細胞の層の上で培養することで、幹細胞に適切な生育環境を提供したのだが、この培地に適切な組み合わせのタンパク質を人工的に加える試みをする代わりに、研究チームは天然のタンパク質源を利用した。すなわち、解体処理の際に出た家畜の血清だ。

    血清を使わない方法も研究されているが、 幹細胞の生育を助ける無血清培地には、0.5リットルで約250ドルのコストがかかる。無血清培地を販売する企業によれば、ひとつの幹細胞集団を何かに利 用できるレベルにまで成長させるためには、推定9リットルの培地が必要になるという。さらに、培地で培養されるほとんどの細胞種には、さまざまな成長因子 を加える必要があるため、それにもコストがかかる。

    ロイター記事が指摘していたように、1ポンドの肉を育てるには7ポンドの植物が必要とされる。さらに、エネルギーや水、土地などの資源も必要だ。世界経済 が豊かになるに従って食肉への需要も増しているが、70億人が先進国並みの食生活をするだけの余裕はないはずだ。ロイター記事は、豚や鶏は牛肉より資源を 喰わないという研究結果を挙げ、人工肉はこうした肉と比べてはるかに資源を使わずに作成できる可能性があると述べているが、実際には、その実現にはかなりの技術開発が必要だろう。

    [オランダ政府からの助成を受けたユトレヒト大学の研究や、食肉培養技術の開発を行うハワイの会社について紹介した日本語版過去記事はこちら]

    TEXT BY John Timmer
    TRANSLATION BY ガリレオ -高橋朋子/合原弘子


    「人工肉」の現状と展望


    犠牲者の家族らが、汚染された果物がいかに悲劇になったかを語る

    • 2011.11.25 Friday
    • 22:57
     弥勒菩薩・ラエルのコメント:
    どうしてバクテリアがメロンの中で発生するのでしょうか?
    メディアは誰も何の説明もできていません。答えはおそらく農家の人々がより早く育てるため、メロンの中に化学薬品を注入しているのでしょう!もちろん彼らは殺菌された注射器は使いません。最も納得のいく説明はこのウェブサイトにあります。

    http://newsfeed.time.com/2011/05/17/growth-chemical-leads-to-exploding-watermelons-in-china/
    金、金、金・・・。

    RAEL'S COMMENT: How can bacteria develop inside a melon? None of the
    media give any explanation. The answer
    may be that farmers inject melons with chemicals to make them grow
    faster! They don't use sterilized syringes, of course. The most
    plausible explanation is on this Web site:
    http://newsfeed.time.com/2011/05/17/growth-chemical-leads-to-exploding-watermelons-in-china/
    Money, money, money....
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    ■. 犠牲者の家族らが、汚染された果物がいかに悲劇になったかを語る
     Victims' families tell how tainted fruit turned to tragedy
       (ラエルサイエンス英語版10月2日配信分)
     Source: http://www.cnn.com/2011/09/30/health/med-listeria-victims/index.html


    ウィリアム・ビーチはある特定の食べ物ばかり食べる人でした。彼は同じ食べ物を、2、3日たくさん食べて飽きると、また違う食べ物に移るくせがありました。

    8月の熱さが終わらない日に、オクラハマ、ムスタングで、ビーチはフライドチキンと甘くてやわらかいカンタループ(マスクメロンの一種)を食べていました。ビーチは87才でフルーツを食べた後、体調が悪くなり、家族が彼の異変に気づく前に死にました。

    彼は今夏、リステリア菌(Listeria monocytogenes )で死んだ15人の内の1人です。米疾病対策センター(CDC)は、1998年以来、リステリア菌による食物伝染病の急激発生を警告していました。

    追跡調査で、そのバクテリアはコロラド、グレナダのジェンセン農場のカンタループ由来であることが分かりました。月曜日、19州の州で人々がリステリア菌に感染したとCDCは、ウィリアム・ビーチが埋葬された6日後の9月12日に公表しました。

    ビーチと彼の妻は、その汚染されたカンタループをホームランド食料品店で買いました。そのお店のモットーは”新鮮第一”です。

    そのフルーツを食べた一週間後、ビーチは普段感じたことのない不安感を感じ、顔がトマトのような色調になりました。すぐに彼は呼吸障害を起こし、床に倒れました。

    リステリア菌は発熱、筋肉痛、下痢、その他の消火器症状を起こします。CDCによると、健康な子供や大人はめったに重篤になることはありません。しかし、妊娠した女性、高齢者、免疫力が落ちている人々は特に危険です。

    ビーチはオクラハマ・シティの病院に運ばれ、次の日退院しました。しかし、家で再び症状が悪化したため、病院に戻りました。

    娘のデビー・フレデリックは、なぜ病院は彼の死体を譲渡するのに2日もかかったのか疑問でした。「何かの感染があったことは知っています。しかし、それが何なのかわかりませんでした。」

    保健所はビーチの娘らに質問しました。彼らは、この数週間何を一番食べていたかや、特にカンタループを食べたかどうかを質問しました。

    一方、フレデリックはコンピューターにつきっきりになり、何の病気で死んだのか知ろうと決意しました。「それらを全て読んで、保健当局は問題があったことを知っていたことは明らかです。彼らはリステリア問題があることを知っていました。」

    ビーチの家族はジェンセン農場を訴えました。訴訟によって、食品安全の法律が強化されることを願っているとフレデリックは述べています。「防止できたことで、愛している人を失うことは恐いことです。こういったことが終わることを祈っています。誰も愛している人を失わないことを願っています。」

    コロラド、リトルトンでも、とても健康的な生活を送っていた84才のハーバート・スティーブンスが半個のカンタループを妻と食べた後に、発熱、吐き気の症状が出ました。すぐに病院に運ばれ、リステリアに感染していることが分かりました。抗生物質治療を行い、回復し一命はとりとめました。しかし、かつてのようには戻らず、今は動き回るのに、歩行器を使っています。

    スティーブンスの家族もまた、医療費の弁償を求めて、ジェンセン農場を訴えています。

    世界の飢餓人口は「容認できないほど高水準な状況」にあると国連報告書

    • 2010.10.15 Friday
    • 07:26
    栄養不良に関連した問題で6秒に1人子どもが死亡している。

    飢餓は世界最大の悲劇でありスキャンダルであることに変わりはない。


    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    ブログランキング

    にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



    相互リンク

    検索エンジン登録/ RMTRMT/ プレマリン エストロモンプレマリン・エストロモンの輸入代行/ RMT情報総合サイトRMT情報サイト ゲームトレードオンライン/ 良番のことなら【BANGO.TV】!【良番の電話番号売買専門サイト】携帯電話良番・フリーダイアルの良番ならBANGO.TV/ 広告総合制作-(株)クレヨン広告総合制作-(株)クレヨン/ ダスキンダスキン/ ナンバーズナンバーズ/ ミニロトミニロト/ 無料オンラインRPG無料オンラインRPG/ 郵便番号検索郵便番号検索/ RMTRMT/ 会社設立・独立起業会社設立・独立起業/ オープンカー専門店バランスオープンカー、カブリオレ/ 格安レンタルサーバーJTS-NETレンタルサーバー/ 無料占いパラダイス無料占い/ ペットシッター 犬のしつけ 東京 大阪ペットシッター 犬のしつけ教室 東京 大阪/ FF11 RMTFF11 RMT/ Newton ニュートンニュートン・tlt・tltソフト/ ペット火葬 葬儀ペット火葬とペット葬儀の専門/ SEO/ ゴルフ会員権ゴルフ会員権/ キムチ鍋キムチ鍋/ 無料ホームページ無料ホームページ/ 沖縄ダイビング沖縄ダイビング/ カレンダー作成カレンダー作成/ 屋形船/ キャッシング/ 姫路 リフレクソロジー姫路のリフレクソロジーならロビンフット/ 中古車販売中古車販売 買取 高級車販売 中古車 外車/ 債務整理債務整理/ 個人輸入代行の英国育毛堂育毛/ ホームページ制作ホームページ制作/ クレジットカード比較クレジットカード比較/ サジー専門店のサジー本舗サジー本舗はサジー天然果汁100%ジュースの通販専門店/ 自由が丘の整体<td><img src=">/ 【工具タウン】電動工具・穴あけ・切断工具の激安卸通販工具 ダイモドリル/ 個人情報保護シール販売個人情報保護シール プライバシー保護シール 目隠しシール ダンボール/ バイアグラバイアグラ/ 山口県 美容院山口県 美容院 美容室 ティファニー/ ネットでお小遣い稼ぎ!アフィリエイトドットコムお小遣い稼ぎのポータルサイト「アフィリエイトドットコム」/ FX比較FX比較/ 日焼けサロン業務専門商社日焼けサロン業務専門商社/ 温泉コンパニオン温泉コンパニオン/ エアコンクリーニング/ハウスクリーニング専門店エアコンクリーニング・ハウスクリーニング/ ハウスクリーニングのおそうじ壱徹ハウスクリーニング専門店/ 福岡のエステ『ラファアイランド』エステ/ コラーゲンコラーゲン/ 合同会社設立合同会社設立/ クーポンさんクーポンさんで価格比較/ 会社案内作成会社案内作成/ 宇部市 美容室美容室 宇部市 美容院 ティファニー/ Rakutenn【楽天】ネットショッピングRakutennはいろいろなものが揃う./ アガリクスアガリクス/ アフィリエイト・お小遣い稼ぎ・SEO対策なら【副業の成功道】アフィリエイト・お小遣い稼ぎ・SEO対策なら【副業の成功道】/

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM